県政フォトレポート
|
県政レポート
|
リンクURL
県議のコラム
|
プロフィール
|
お問い合わせ
県政レポート

令和4年の記事 令和3年の記事 令和2年の記事 令和元年の記事 平成30年の記事
平成29年の記事 平成28年の記事 平成27年の記事 平成26年の記事 平成25年の記事
平成24年の記事 平成23年の記事 平成22年の記事 平成21年の記事 平成20年の記事
平成19年の記事 平成18年の記事

令和4年2月定例会 産業観光企業委員会(産業労働部関係)
世界情勢を踏まえた今後の県内産業の成長について

【本郷委員】
 今日の歴史の十字路とも言われる危機的な状況の中で、積極財政論を明確に打ち出し、また、県民の意見を丁寧に受け止めて、15カ月予算ということである。ぜひ、一日も早く従来の社会が戻るように、議会側も努力するが、よろしくお願いしたい。
 先月24日、ロシアは、我が国をはじめ世界各国の度重なる忠告に耳を貸さず、ウクライナに進攻するという国際秩序を揺るがす暴挙に出て、連日、メディアで放送されている。市民生活、それから原子力のところにも、いろいろな問題が出ていて、本当のことは分からないが、国連においても141カ国がこれに対して、強い反対表明をした。ロシアは、かつてのソビエト連邦のときのある種の帝国主義的な考え方がまだ残っている感じを受ける。プーチン大統領の一党独裁であるが、二十一世紀型の政治体制は、あのようなものではない。国際秩序を根底としながら、アメリカ・ファーストではないが、ジャパニーズ・ファーストも含めて、各国固有の文化や歴史があるので、そこを丁寧に、領土だけを広げる視点ではなくて、もっと新しい発想力を持っていただきたいし、一日も早い平和を祈念している。
 我が国への経済的影響としては、各国の共同歩調によるロシアへの経済制裁により、為替と株価の変動、原油と天然ガスの価格上昇がそろそろ顕在化してきている。アルミニウムと歯で使うパラジウム、小麦といった国際商品相場に上昇圧力がかかることが見込まれていて、これが具体的になってきている。
 ロシアの一部金融機関を、SWIFT、国際銀行間通信協会から排除する制裁によって、我が国のGDPを最大0.3%、約1.5兆円押し下げる可能性があるとの試算が出ている。新型コロナによる世界的な混乱から、社会経済活動の正常化を目指して取り組んでいる最中の予期せぬ事態に、世界の衝撃は大変大きなものになっている。このウクライナ情勢という懸念材料が新たに加わったが、新型コロナウイルスにフォーカスすると、3月6日まで、本県全域に適用されていた「まん延防止等重点措置」が解除された。ワクチンの3回目接種が進展し、塩野義製薬が厚生労働省に飲み薬の製造販売承認を申請するなど、ウイルスに対抗する手立てが講じられていて、しばらくの間、抑制を余儀なくされていた社会経済活動は、再始動のフェーズを迎える状況になっているが、まだまだ全く油断はできない。新型コロナウイルスの世界的流行は、企業を取り巻く環境が急激に不安定化したこともあって、迅速な環境変化への対応やシステムに加えて、企業文化にも変革していくことが求められている状況になっている。
 そういうことから、デジタル化の加速や脱炭素化を含めた持続可能な企業の育成を、県としても支援していく必要があると思うが、しなやかな産業構造を構築し、予期せぬ状況変化にも対応できるように振興していくことが極めて重要ではないかと思う。アフターコロナやその先を見据え、本県産業の成長分野をどのように戦略的に育成していくのか。とにかく日本は、失われた30年ということで、いずれ、インドにGDPが抜かれる。そうすると、今、金メダルはアメリカ、銀が中国、銅が日本であるが、これが入れ替わるわけである。そして、GDPを国民一人当たりに直すと、さらに低くなる。この失われた30年に根本的に対応しなければいけない。そこに、ウクライナ問題が発生して、良い悪いは別としても、全てグローバリズムという円環している経済体制があるので、そのような意味から、これからの新しい時代の日本、あるいは長野県のあるべき姿について、林部長に見解を伺う。

【林産業政策監兼産業労働部長】
 現在、このコロナ禍に限らず、現下のロシアの問題が、原油高や原材料価格の高騰、さらにはサプライチェーンに、非常に大きな影響を及ぼすものと危惧している。足元では、せっかく持ち直しの動きも見られた中であるので、そうした世界情勢も注視しながらやっていきたい。
 今、日本は、国内経済、あるいは、地方経済の人口減少の中にいるため、成長と配分の好循環をつくりたいという思いは、国も地方も一緒だと思っている。成長の可能性がある国々と連携しながら、一緒に成長し、そして、再配分の好循環をつくっていく視点が非常に重要である。その意味では、長野県産業は、製造業を中心に海外との結びつきも大変高いので、一緒に取り組んでいく姿勢が非常に重要である。
 コロナ禍で3年目を迎えて、県内企業は、非常に大変な場面に直面しているが、そうした視点も持ちながら、しなやかな産業構造をつくっていく視点を持って進んでいきたい。特に、デジタルやグリーンは、様々な分野に及んでくる。そのためには、県内産業のそれぞれの事業所が、そうした視点を持ちながら、取り組んでいくことが必要である。この度の来年度政策の中にも、当面の資金繰り、あるいは下支えといった視点が大変重要であるので、そこはしっかりと支えていくとして、ポストコロナにおけるビジネスモデルの再構築、あるいは財務基盤の改善もしっかり踏まえながら、経営支援にしっかり着目した支援体制を組みたい。この度のテクノ財団の統合により支援体制も強化するが、長野県産業振興機構並びに金融機関の皆様方と一緒に連携して、県内の産業を支えていきたい。

【本郷委員】
 とにかく、今の危機的状況を切り抜けなければいけない。高橋是清元内閣総理大臣は、大蔵大臣を5回やったが、当時の大不況の中で、全力で財政出動をして、先進国で一番早く不況から脱出した。そういう観点から、国際金融論になるが、いろいろな問題もあるので、まずは、この危機を乗り切って、その次に北欧型のデンマークなり、スウェーデンなり、ノルウェーのような形に持っていくのか。ビジネスモデルの変化ということを部長から答弁があったが、国民的な総意の中で、給料は、例えば45歳をベースとした場合、45歳の方の給料と社長の給料は、12倍の格差である。片や、アメリカを同じようにスライドさせると、25歳とアメリカのオーナーでは、約50倍の差である。単純比較はできないが、いずれにしても、この30年間、株式会社であるため、株主に大きな配慮をすることは当然であるが、勤労者に全然回ってこなくて、そのストックをどうするかが、今、経済学的には、マクロ経済で大きな議論になっている。とにかく、1990年から今日まで、0.4%は実際ないのと同じである。日本の高度成長は、世界の歴史の中でも一度しかないわけで、二度は来ない。そうすると、今度は、ビジネスモデルなり、国全体のスタイルを変えていかなければいけない。そういう意味で、政治や行政、経済界を含めて、非常に問題が多いため健闘を願う。

若者の県内定着、確保・育成について

【本郷委員】
 人口動態の問題が非常に深刻であり、朝鮮動乱やベトナム戦争も日本の高度成長の一役を買って、日本人の勤勉さも含めて、人口が1億二千数百万人まで伸びた。本県の生産年齢人口は、2020年の国勢調査によると、約115万人となっていて、前回の2015年の調査から、5年間で約5万人減少している。これが今後、2030年には104万人、さらに2060年には84万人と、一定の政策を行った場合でも、2020年比でおよそ7割まで減少していく統計が出ている。このような中で、地域社会を維持し、県内経済を持続的に発展させていくためには、若い年齢層の人材の県内定着を図り、地域や産業の担い手として、活躍してもらうことが基本的な要素として挙げられるが、今後、若年層の人材の確保・育成にどのように取り組んでいくのか。
 つまり、終戦の昭和20年8月15日には、日本の人口動態は7千万人だったのが、1億二千数百万人まで伸びてきたことも、高度成長を実現した要素でもあるし、また、対外的な要素もある。しかし、もう少し細かく解析すれば、若年労働者、勤労者の数が急速に減っていく。それから、婦人の方も高齢者の方もいて、社会保障制度を変えることは、なかなか政治的に難しい。そして、国際情勢は、全く新しい局面に入った。これから、情報技術が非常に高度に発達していくので、人口比だけでは言えないが、若い年齢層の人材の確保・育成については、行政や議会も第一要素として、相当取り組まなければいけないと感じているが、西沢次長に見解を伺う。

【西沢産業労働部次長】
 本県の未来を担って、成長を支えていく若い世代の確保・育成は、極めて重要な課題と認識している。若い方々に、県内に定着してもらうために、いくつかの視点がある。
 まずは、県内の新規学卒者に、できるだけ県内に就職してもらう「郷学郷就」である。このためには、現在、実施しているキャリア教育が非常に重要になる。小中学校の早い段階から、多様な県内産業の魅力や、きらりと光る優良企業が県内には多いことを、多くの子供たちや若者に知ってもらう取組を引き続き実施していきたい。
 それから、現在、県外の大学で学んでいる学生や、県外で働いている若者を長野県に呼び戻す視点も必要である。従来、様々な取組を行っているが、来年度、新たに奨学金返還支援制度を導入する企業に対するサポート制度を立ち上げる。学生の二人に一人が奨学金を利用している状況があるので、就職活動にあたって、このまま都会で就職しようか、それとも、長野に帰ろうかと考えている若者の背中を押す制度にしていきたい。
 もう一つの視点として、現在、長野県内で、非正規雇用で働いている方、あるいは、職を求めている若者を、しっかりと良質な正規雇用につなげていく取組も必要である。現在、Jobサポ等でマッチング支援を行っているが、これも来年度新たに35歳以下の若者を対象にプログラミングスキル等の基礎を習得してもらうオンライン訓練を計画している。これにより、IT分野での正社員就職につなげていきたい。
 それから、これらの取組のほか、新たな取組として、県内で学ぶ留学生に県内で就職してもらう取組もやっていきたい。県内の大学で学んだ留学生は、語学力もあり、その分野の専門知識もあり、その上、長野県の風土や文化も知っているので、県内企業にとっては、非常に貴重な戦力となる人材と思っている。こうした長野県で学んだ留学生が、都会で就職してしまうのではなくて、引き続き長野県で就職してもらえるよう、県内大学や企業等と連携した取組も始めていきたい。
 こうした様々な取組を総動員して、長野県の将来を担う若者の県内定着を図っていきたい。

【本郷委員】
 複合的な視点から、いろいろなアイディアがあった。今、東京は1,400万人程いるが、人間復権という観点から見ると、極めて無機質である。中央線は、今、八王子や高尾からでも始発で座れないところがあるようで、それが山手線や他のところも同じ状況で、会社に着いたときにはぐったりとなる。そういうことも失われた30年と全て関連はしている。
 今回のコロナによって、都道府県議会や都道府県行政の発言力が非常に高くなっているので、ぜひ、今、話したことを、永田町、霞が関に対して、より積極的なアプローチをして、国政レベルでも政策的、戦略的に実現できるように一層の努力を願う。また、議会も一緒に両輪となって頑張っていきたい。

コロナ渦を経て変化した消費動向への対応について

【本郷委員】
 新型コロナの感染拡大が始まり、早くも2年が経過した。1919年のスペイン風邪は3年かかったが、感染拡大防止のための行動制限が長期化し、外出の自粛要請やテレワークの奨励により、専ら自宅で過ごす、いわゆる巣ごもりと言われる形態が増加したことなどを背景に、消費者の行動や意識が変化していくことは間違いない。今日では、非接触・非対面、キャッシュレス決済やオンラインショッピングといったワードによって、人々の消費動向があらわにされているが、このような変化が見られる中、今後、どのような消費動向に対応し、営業活動を展開していくのか。その展望を金井営業局長に伺う。

【金井営業局長】
 コロナ渦を経て、消費動向がいろいろと変化し、デジタル化などは加速化した面も見てとれる。特に注目しているのは、ネットショッピング、ウェブサイトやECサイトによるショッピングのようなインターネットを介して行われる売買の拡大である。今後、インターネットによる売買、ECサイトによるショッピングは、多分、アフターコロナの段階に入っても拡大していくと言われているので、事業者の皆様には、インターネットを通じた販路の拡大に、しっかり取り組んでもらわないといけないと考えている。このインターネットによる販売機会の拡大により、県内、国内のお客様だけではなくて、海外のお客様にもつながる可能性も秘めているので、力を入れて取り組みたい。
 昨年度の6月補正でECサイト送料無料キャンペーンをやっていて、それに併せて、アンケート調査を実施した。360余の事業者の皆様から答えてもらったが、その中で、大体6割の事業者は、ECサイトによる販売額が、まだ1割未満ということを聞いている。また、4割の事業者は、ここ2年の間にECサイトを始めていて、まだ、長野県内の事業者のEC販売の拡大は、伸び代がすごく大きいので、来年度以降、しっかりとECサイトへの取組の支援を行っていきたい。
 それに関連して、民間のシンクタンクの情報によると、インターネットを介した情報収集が、テレビやラジオ、新聞によるマスメディア媒体の情報収集よりも、大分、多くなってきていると言われている。オールNGANOモールや、今月末に立ち上げるグローバル・ブランディングサイトという長野県の魅力を発信するサイト、それと、今、持っているSNS、ツイッター、フェイスブック等のSNSを活用して、さらに内容を充実した上で、発信していきたい。

【本郷委員】
 県庁職員の皆様の新しい概念が、日本をリードし、また、それだけの実績もあるので、この歴史の潮流である今日の状況を打破して、その指導力を一層発揮していただきたい。

令和4年2月定例会 産業観光企業委員会(観光部関係)
感染拡大防止に配慮した観光キャンペーンの展開について

【本郷委員】
 積極的な事業展開やキャンペーンを工夫していて、観光部は注目度が高い。観光立県長野が、今、100年ぶりのパンデミックに押されているが、この危機を乗り越えて、ポストコロナに向けて、一層の努力を願いたい。松本市を含め、長野県は、ある意味でヨーロッパにおけるスイスのようなイメージがある。一か月の「まん延防止等重点措置」が3月6日に解除されて良かったが、年末年始までは、比較的好調だったと聞いている。今、私は長野県議会の観光議員連盟の会長をやっているので、いろいろな業界から要望を頂戴しているが、適切な財政措置をしてもらって感謝する。皆様も大変感謝している。何としてもこの危機を乗り越えなければいけないが、年明け以降の感染拡大と「まん延防止等重点措置」の影響で、2年連続で打撃を受けたという観点から、経営の継続、雇用の維持が非常に懸念される財務内容である。しかし、同時に、善光寺の御開帳、諏訪大社の御柱が始まり、大きな事業をきっかけに反転攻勢を仕掛けてほしい。県においては、経済活動と感染対策の両立を図って、最大限の努力をされている。
 令和3年12月の第2次速報値では、全国のホテル等の客室稼働率は47.1%で、前年同月比で10.3%の増加である。長野県は28.3%で、全国最下位である。それから、令和3年の年間のシミュレーションをすると、長野県の延べ宿泊者数は、1,056万人になっている。昨年比では6%の減少で、コロナ感染拡大前の2019年比では41.5%の減少である。また、客室稼働率は24.6%で、全国で一番低い。こういうマクロ的な数字は、観光部は全部つかんでいるが、いずれにしても、これを前提に、何としても工夫しなければならないので、皆様方の苦労を察するとともに、また、議会としても、最大限の努力をしたい。
 厳しい経営環境ではあるが、善光寺の御開帳、諏訪大社の御柱など、大型催事に対する県民の期待は非常に大きい。ただし、1200年の歴史と伝統のある御柱は、先般の報道によると、御柱を里まで曳行する氏子による「山出し」を断念することが決定されたようで、1200年の中で初めてである。今回のオミクロン株が1919年のスペイン風邪以来、100年ぶりであるので、そういう意味では、客観情勢は異常事態である。
 したがって、観光キャンペーンは制約を受けながらも、春の大型催事を皮切りに、1年を通じて、県内各地に効果がもたらされるように展開してほしいが、感染拡大の防止に配慮しながら、どのように戦略的に進めていくのか所見を伺う。

【丸山観光誘客課長】
 「春の信州彩り観光キャンペーン」はスタートしたが、今後、夏、秋、冬と年間を通じて、県内各地の多彩な魅力に加え、コロナ禍においても、密になりにくいアウトドアやキャンプ、また、長野県の特徴である、紅葉、温泉、スノーアクティビティ等といったコンテンツを織り交ぜながら、季節ごとのキャンペーンを展開していく。その際には、デジタルの活用はもちろん、「春の信州彩り観光キャンペーン」の実施計画にあるように、県内事業者の皆様の感染対策の取組や、旅行者の皆様への「信州版 新たな旅のすゝめ」のお願いなど、感染防止に関することもプロモーションの中に織り込み、周知を図っていきたい。また、場所と時間、時期の分散を図りながら、旅行者のリピート周遊を促すよう、取組を進めていく。

【本郷委員】
 二百数万人の長野県民全体のモチベーションが上がるように努力を願う。また、議会も微力ではあるが、応援体制をしっかりしていきたい。

水際対策の緩和を踏まえたインバウンド誘致について

【本郷委員】
 欧州では、コロナ対策の規制を緩和し、コロナとの共存に踏み出している印象を持っている。北京オリンピックが終わり、パラリンピックが開催されているが、今後、ウインタースポーツ人口の増加も見込まれて、長野県にとっては、大変大きなマーケットになり得るが、今回のことで、非常に苦しい状況にある。
 我が国においては、3月に水際対策が段階的に緩和される方針で、報道・メディア関係でも発表されているが、観光事業にとって、インバウンドの早期再開への期待は、大変大きい。したがって、インバウンド需要を確実に取り込める準備をしていくことが極めて重要である。今後、どの国をターゲットに、また、どのようなテーマで、インバウンド誘致に取り組んでいくのか所見を伺う。

【松本国際観光推進室長】
 先日、国が発表した3月1日以降の水際対策は、入国時の待機期間を原則7日としつつ、受入責任者の監督の下、観光目的以外の入国を認めることにしている。ただし、オミクロン株の感染拡大の状況はまだまだ予断を許さないこと、さらには、ウクライナ情勢が及ぼす様々な影響も、今後、懸念されることを考えると、インバウンド再開はまだまだ不透明な状況が続いていると認識している。
 依然として、海外マーケットの旅行先として、日本を検討している割合が高いことを考えると、旅行目的での来日が解禁となった際、東京・大阪、いわゆるゴールデンルートから、長野へいかに人を呼び込むかが重要である。そこで、これまでの来県実績、それから、滞在日数、観光消費額、季節ごとの来県状況といった諸々のデータを分析しながら、台湾、香港、中国、タイ、シンガポール、アメリカ、イギリス、オーストラリアの八つの国を最重点市場と位置付けている。さらに、誘客テーマを、外国人の方に訴求力のある中山道とジャパニーズ・アルプスの二つに絞って、長野という地域の売りを明確にし、ここでの過ごし方を具体的に提案し、効果的なプロモーションを展開していきたい。

【本郷委員】
 長野県の持つポテンシャル、特に観光については、決してスイスのアルプスに負けないものがある。そのためのハード・ソフト両面における整備環境をしなければならない。そういう視点から、複合的、多角的に分析した上で、観光客が入ってくる状況にしないといけない。
 特に、BA.2は非常に感染力が強くて、先般も、知事のプレスリリースの中で、長野県にBA.2がいることがはっきりしたようである。そういう意味では、そちらに対する対応と観光戦略をどのように並行的にやっていくかという大きな行政的苦悩があるが、ぜひ今から、実績を上げて、観光立県長野の良さをアピールできるように一層の努力を願う。

信州観光復興に向けた長野県の観光戦略の見通しについて

【本郷委員】
 新年度は、引き続き切れ目のない需要喚起策によって、観光事業者を下支えするとともに、観光キャンペーンを通じた、一層の誘客促進やインバウンド再開時の取組、さらには、中長期的な視点から、観光地域づくりなど、多面的に取り組むことが極めて重要である。依然として、コロナ収束が見通せない中、アクセルとブレーキを踏み分けながら、信州観光の復興・復権に向けて、また来るべき世界との競争を視野に、いかに観光競争を進めていくか、観光部長に長野県の観光戦略の見通しについて伺う。

【渡辺観光部長】
 短期的な部分では、これまで以上に、しっかりとウィズコロナを意識しなければいけない。これまでもそうだったが、アクセルとブレーキで、ブレーキを踏みすぎないようにする、車を止めることがあってはならないと思っている。BA.2の話もあったが、これまで以上にウィズコロナ、ある意味で共存していかなければならないという認識の下、全てのものを進めていく、安全運転で動かせる形をとっていきたい。そのための具体策としては、ワクチン接種である。庁内一丸となって進めているが、事業者にも、このワクチン接種については、協力等をしてもらうことで、安全な観光地域づくりやこれからの観光振興ができる。それと併せて、新しいワクチン・検査パッケージについても、今、国でも見直しがあるが、そうした体制を整えていく。それから、短期的な需要喚起等では、今、「信州割SPECIAL」等の宿泊割をやっているが、これが単に割引事業ということではなくて、しっかりと次に繋がるものをつくってもらって、生かせる形にしたいと、取組や商品化の促進もしている。
 中長期的な部分とすれば、これまでも、稼働率の関係も踏まえて方針をつくり、アフターコロナの方針の中では、長期滞在やリピーターの獲得ということで、中長期的なものを想定している。こうした中で、インバウンド戦略、観光地域づくり、それから、データベース化や誘客プロモーションと、今回、1月補正と当初予算を組み合わせて、全てアフターコロナにも生かせる形での観光戦略を、現在、準備して進めている。先が見通せるときには、長野県を選んでもらえるように、観光産業の全体の底上げを図っていきたい。
 見通しについては、なかなか先が見えないが、今回のプロモーションも、しっかりと県がリードして、事業者の皆様と一緒に一丸となって、観光振興を進めていきたい。

【本郷委員】
 今、政府は4度目のワクチン接種も少し検討に入っているようである。いずれにしても、日本の医療体制は、先進国の中でも非常に平準化して、国立大学の病院や、あるいは、私立の総合病院、そしてまた、開業医の先生、看護師の先生方を含めて、非常にモチベーションが上がってきていると思うが、医療と観光がこれほど密接な関係になることは、想像していなかった。結果的には、戦後67年の歴史の中で、いい方向に出ている。しかし、海外からの水際問題については、相当慎重にやらなければいけないということで、いくつかの条件はあるが、ぜひ日本を代表する観光立県長野のリーダーとして、ここが踏ん張りどころであるので、よろしく願う。

令和3年9月定例会 産業観光企業委員会(企業局関係)
売電等のあり方の検討経過と今後の展開について

【本郷委員】
 小林公営企業管理者においては、健全で、かつ、時代の流れをつかんで、企業局としての新しい方向性を定着させ、強いリーダーシップの下に、非常に活力のあるセクターとしてやっていて、敬意を表する。
 売電等のあり方に関する検討については、緊迫するウクライナ情勢を受けて、液化天然ガス、LNGや、原油の価格が急騰するなど、エネルギー需要への影響も非常に懸念される。予断を許さない状況下ではあるが、水力発電は、再生可能エネルギーの中でも、ベースロード電源の一つとして、低コストで安定供給が可能な電力とされている。2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロとする脱炭素社会の構築を図るためにも、企業局の電力は、重要な役割が期待されている。
 企業局電力の売電等のあり方について、有識者による検討会を設置しているが、これまでの検討経過と今後の展開について、竹花経営推進課長に伺う。

【竹花経営推進課長】
 企業局の電力は、中部電力との卸供給に係る基本契約の満了や電力システム改革の進展を受けて、これからの売電等のあり方について、以前より局内、庁内で議論してきた。脱炭素社会づくり条例の制定やゼロカーボン戦略の策定など、県として取り組むべき方向性が明らかになりつつある情勢を受けて、企業局としてのビジョンや新たな事業構想を整理し、現在、有識者会議で意見を聞いている。また、有識者会議のほかにも、環境エネルギー部門の専門家を講師に招き、脱炭素社会へ向けた世界の潮流や10年、20年後の再生可能エネルギーの姿などをテーマとした庁内研修会を開催したほか、電力の取引に関して基本的な知識を習得すべく、現在、電力の需要と供給のシステムなどについての職員勉強会を継続して行っている。
 従来の卸売に加えて、電力の小売分野に関わっていくことは、どのような形態であれ、企業局にとって、新たな挑戦になるが、有識者からは、2050ゼロカーボンに向けて、バックキャスティングで進めていくためにも、企業局の果たすべき役割は大きいと言われている。今後、新しい事業構想や手法の構築に当たっては、想定されるリスクの検証や財務シミュレーションの実施などにしっかり取り組むとともに、本委員会をはじめ、公営企業経営審議会の場でも、意見を聞きながら、地域内経済循環に資する売電等のあり方を見出していきたい。

令和4年度の企業局組織改正を踏まえた電気事業の展開について

【本郷委員】
 令和4年度の企業局組織改正では、新規発電所の建設に向けた調査・工事等の加速化や発電施設等の維持管理の効率化を図るため、新たに飯田市、松本市及び上田市の3か所に、「発電建設事務所」を設置することとしている。
 また、昨年5月には、中央制御所を設置し、発電所の監視制御機能を一元化したが、今後、AI・IoT等の先端技術を活用したスマート保安を推進していくこととしている。
 これらの取組などを踏まえた、今後の電気事業全体の展開について、小林電気事業課長に伺う。

【小林電気事業課長】
 2050ゼロカーボンの達成に向けて、企業局では、再生可能エネルギーの供給拡大に積極的に取り組むこととし、長野県公営企業経営戦略においても、令和7年度には、着工ベースで、発電所を36か所にすることとしている。このほかにも、開発の可能性について、調査を並行して進めていて、来年度、飯田市、松本市及び上田市に「発電建設事務所」を設置するので、これまでに企業局の発電所がない地域を含めて、長野県全域において、地元の意向を踏まえつつ、その地点の発電量等を考慮しながら、新規電源開発をさらに進めていく。
 また、発電所の運転や保守管理については、今年度5月に設置した中央制御所において、集中して効率的に行うこととしていて、次世代運転監視ネットワークにおいて、監視カメラや水位計を設置して、発電所等の監視を強化し、保守の省略化や高度化を推進するとともに、降雨・流入予測システムを導入して、より効率的な発電機の運転・管理を目指していく。
 さらに、このシステムで整備するクラウドサーバを活用して、県の他部局からデータ等を共有して、洪水の予測を精緻化し、将来的には、市町村からのデータも収集し、県全域の災害対応力の強化を目指すDX推進事業とも連携していく。
 また、市町村や改良区等が行う新たな電源開発の可能性の調査や発電施設の設計・建設等について、受託するなど、事業の推進に協力していくとともに、こうした皆様と、発電事業者になり得る発電所の建設や維持管理に関係する事業者の皆様とともに、水力発電推進研究会を設置して、新規電源開発や発電事業の運営等に関する課題を共有し、研究項目ごとに分科会等で情報交換や勉強会を通じて、課題の解決に取り組み、研究会で成果を取りまとめていく。
 企業局としては、これらに積極的に取り組み、長野県内で持続可能な水力発電事業が広く展開されることを目指していく。

企業局の部局横断や地域連携の取組の現状と今後の展望について

【本郷委員】
 改正後の長野県公営企業経営戦略においては、経営の基本方針として、電気事業では、「再生可能エネルギーの供給拡大とエネルギー自立分散型で災害に強い地域づくりの具現化」、水道事業では、「持続可能な経営体制の確立に向けた、未来への計画的な投資、人材の確保・育成と広域連携の強化」を掲げている。いずれも、部局を横断するとともに、市町村をはじめとする地域との連携が重要な取組と考えられる。
 企業局の部局横断や地域連携による取組について、現状と今後の展望を西澤企業局次長に伺う。

【西澤企業局次長】
 委員から指摘のあった取組は、まさに部局横断や地域連携なしでは、前に進んでいかないと認識している。
 電気事業については、関係部局横断で構成するプロジェクトを活用して、地域電源開発の候補地を選定するとともに、市町村長をはじめ、地域を知る皆様から新しい候補地点を紹介してもらって、開発に結びつけている。また、発電所の名称を子供たちから公募したり、地域の皆様と発電所の管理や環境維持に係る協働関係を構築している。また、発電所を観光資源、学習の場として活用するなど、地域連携型水力発電所として整備を進めているほか、土地改良区から小水力発電建設等を受託する取組も始めている。
 来年度からは、市町村、土地改良区や事業者の皆様と研究会を設置することにより、県内のより多くの地域において、再生可能エネルギーの供給拡大を目指すとともに、大規模災害時に、防災拠点等に電力を提供するマイクログリッドの構築に向けて、市町村や送配電事業者等と連携して取り組んでいく。
 水道事業では、持続可能な経営体制の構築に向けて、これまでも環境部や企画振興部等と連携しながら、市町村の皆様と相談し、あるいは、水道情報を共有し、専門人材の確保・育成について検討するとともに、末端給水区域・用水供給区域における広域化・広域連携の取組について、関係市町村と検討を進めている。また、定期的に実施している防災訓練については、関係市町村に加えて、日々の水道工事等を担っている地元事業者の皆様とともに取り組んでいる。引き続き市町村や地域の皆様と顔の見える関係づくりを築きながら取り組んでいく。

【本郷委員】
 電気と水道という文明社会において、最も基本的なインフラとして、公営企業管理者の下、極めてアクティブな行政を進めていることに深く敬意を表する。今後とも、ますます重要な位置づけになるので、一層の精励を願う。

本郷一彦公式ウェブサイト
Copyright (C) 2014- h-kazuhiko.jp. All Rights Reserved.