長野県議会議員 本郷一彦オフィシャルウェブサイト
無限の可能性を求めて、本郷一彦県政レポート、21世紀長野県再生戦略構想

2014年2月よりメールマガジンを配信しています。
購読ご希望の方はQRコード、又は下のURLにアクセスしてください。
http://h-kazuhiko.jp/mm/
ほんごう一彦メールマガジン(QRコード)

県政フォトレポート 更新しました
|
県政レポート
|
リンクURL
|
更新しました
月刊かぼちゃ新聞
県議のコラム
|
プロフィール
|
お問い合わせ
|

平成28年11月09日
平成28年11月09日
平成28年11月08日
平成28年11月07日
平成28年11月03日
正副議長と各派代表者との打ち合わせに出席 各派代表者と知事との会議で発言する 柔道整復師会役員の皆様より要望を受ける 児童福祉施設協会の皆様より要望を受ける 松筑剣道連盟顧問として剣士たちと交流
正副議長と各派代表者との打ち合わせに出席
各派代表者と知事との会議で発言する
柔道整復師会役員の皆様より要望を受ける
児童福祉施設協会の皆様より要望を受ける
松筑剣道連盟顧問として剣士たちと交流

地方財政計画上の課題と平成29年度予算について
 財務省は10月27日に開催した財政制度等審議会で、平成19年度から25年度までの間においては、地方財政計画額が実際の決算額を6千億円から2兆円程度上回っているとの試算結果を提示した上で、地方財政計画の見直し、地方交付税の抑制を求めました。
 地方財政計画と実際の決算額との乖離については、従前から、ことある度に財務当局が指摘しているところですが、地方税収というものは、そもそも、長期的に見れば「上振れ」も「下振れ」もあるのが当たり前のことであり、この度の財務当局による「地方財政計画に反映されていない地方税収の上振れ分」といった指摘について、私は、極めて不当なものだと思っており、しっかりと反論すべきであると思っております。
 しかしながら、その一方で、財務当局による「余剰金を有効な歳出とせず財政調整基金などに積み立てている」との主張もあり、その点については、国側の主張も一部理解できます .... 続きを読む

ほんごうー彦の7つの重点政策
1 健康長寿日本一を目指して
安心して暮らしのできる高齢者福祉・医療の更なる整備と障害者福祉の充実
2 地域経済活性化と雇用の充実
中小企業・商店街・観光・農林業の活性化対策と安定した雇用の獲得策
3 財政の立て直し
財政再建のため持続可能な財政プランの策定
4 教育の充実と子育て支援
創造性に富んだ教育改革の実現・子育て環境のための県独自の施策を
5 女性が輝く長野県を
女性の就業機会、社会参画に向けて一層充実を図り、その支援の実現を
6 環境問題・再生エネルギーの普及
安心できる環境立県への実践対応・自然エネルギー・省エネルギー促進
7 社会基盤の整備
生活に関連する交通網や道路・河川・治山等の充実
ほんごうー彦の7つの重点政策

本郷一彦公式ウェブサイト
Copyright (C) h-kazuhiko.jp. All Rights Reserved.