長野県議会議員 本郷一彦オフィシャルウェブサイト
無限の可能性を求めて、本郷一彦県政レポート、21世紀長野県再生戦略構想

2014年2月よりメールマガジンを配信しています。
購読ご希望の方はQRコード、又は下のURLにアクセスしてください。
http://h-kazuhiko.jp/mm/
ほんごう一彦メールマガジン(QRコード)

県政フォトレポート 更新しました
|
県政レポート
|
リンクURL
|
更新しました
月刊かぼちゃ新聞
県議のコラム
|
プロフィール
|
お問い合わせ
|

平成28年05月11日
平成28年05月08日
平成28年05月07日
平成28年04月30日
平成28年04月29日
松本商工親和会連合会懇親会にて祝辞 少林寺拳法長野県連盟定期総会に出席 スズキジャパンカップ長野県大会にて大会長として選手宣誓を受ける 阿部知事と地方創生について意見交換 アジア経済及び長野県経済の今後について講演する
松本商工親和会連合会懇親会にて祝辞
少林寺拳法長野県連盟定期総会に出席
スズキジャパンカップ長野県大会にて大会長として選手宣誓を受ける
阿部知事と地方創生について意見交換
アジア経済及び長野県経済の今後について講演する

熊本地震が与えた社会的衝撃
 日本列島は4つのプレートの上に位置し、災害列島とも言われ、豊かな自然・美しい景観・全国に数多くある温泉等の好条件と並存して数年に一度、各地で大災害が発生しております。
 5年前の3.11、阪神淡路大震災は、とりわけ記憶に深く刻まれておりますが、その他にも各種災害が国内県内において多発しております。
 熊本県、大分県にまたがる地震に対し、政府は自衛隊25000人、その他警察・消防を含め、3万人体制で救助を実施しておりますが、地震活動が弱まる可能性は低く、今後同規模の地震の発生も予測され極めて深刻な事態と思われます。とりわけ危惧されるのは、中央構造線断層帯上に拡大していることであり、日本列島の約半分を軸に横断する日本最大の断層帯であり、400年前にも別府湾から近畿地方まで400キロに渡り地震が発生しております。いずれにしても現時点では、人命救助に全力を尽くすことであり、避難生活の長期化や都市部における食料、水、医薬品の充足は極めて重要な点であります。
 国や各自治体からの救援物資が集中する中、被災者の手元まで届かない例も多くあり、国・県・自衛隊の一層の連携プレーが望まれます。特に早急に仕分け拠点を決定し、民間の宅配業者による拠点から避難所への配送がよりポイントになると思われます .... 続きを読む

ほんごうー彦の7つの重点政策
1 健康長寿日本一を目指して
安心して暮らしのできる高齢者福祉・医療の更なる整備と障害者福祉の充実
2 地域経済活性化と雇用の充実
中小企業・商店街・観光・農林業の活性化対策と安定した雇用の獲得策
3 財政の立て直し
財政再建のため持続可能な財政プランの策定
4 教育の充実と子育て支援
創造性に富んだ教育改革の実現・子育て環境のための県独自の施策を
5 女性が輝く長野県を
女性の就業機会、社会参画に向けて一層充実を図り、その支援の実現を
6 環境問題・再生エネルギーの普及
安心できる環境立県への実践対応・自然エネルギー・省エネルギー促進
7 社会基盤の整備
生活に関連する交通網や道路・河川・治山等の充実
ほんごうー彦の7つの重点政策

本郷一彦公式ウェブサイト
Copyright (C) h-kazuhiko.jp. All Rights Reserved.